<工事中>

事前準備

このページではプレビルド SD カードイメージと Helio Board 用 BSP を使用して OpenCL 開発の手順について解説します。

Helio Board で OpenCL 開発を行うためには以下の準備が必要です:
  • Helio Board Rev.1.3 or Rev.1.4
  • Linux ホストマシン or Windows ホストマシン
  • 外付け USB マイクロ SD カードリーダ or 内蔵 SD カードスロット
  • 4GB (以上の)マイクロ SD カード or マイクロ SDHC カード。 実際のイメージは 2GB ですが、通常 SD カードには異常セクタがあるため 2GB の SD カードの場合起動しないことがあります。
  • [ Optional ] DHCP サーバが存在するローカル・イーサネット・ネットワーク (ターゲットボードに IP アドレスを付与することに使用されます)。

Note: Helio ボードの MSEL はデフォルトで AS モードです。OpenCL は標準で HPS からのコンフィギュレーションとなるため、以下のページを参考に MSEL を FPP モードにご変更いただく必要があります。

Helio Board の OpenCL 用 SDカードイメージ のダウンロード

所有する Helio Board のバージョンの SDカードイメージを選択してダウンロードしてください。

Board Rev. Tool Ver Download Link Note
Helio Board Rev.1.3 v15.1 helio_c6_opencl_sdimage_v1511_r2.tgz 5CSXFC6C6U23C8NES
Helio Board Rev.1.4 v15.1 helio_c5_opencl_sdimage_v1511_r2.tgz 5CSXFC5C6U23C7N

Give us your feedback

© 1999-2017 RocketBoards.org by the contributing authors. All material on this collaboration platform is the property of the contributing authors. Privacy.